LDLコレステロールが気になる|悪玉コレステロールを下げるたサプリメント

注目されるDHAとコレステロールの関係

注目を浴びているDHAは体の中で合成できない物質です。
また、サンマ、ブリ、サバ、マグロなどの魚に豊富に含まれています。
魚の脂身に含まれています。
正式な名前はドコサヘキサエン酸です。
脂肪酸という脂質を形成する成分の1つで、不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸については大きく分けて2種類あります。
DHAは多価不飽和脂肪酸の中のオメガ3脂肪酸です。

 

このDHAとコレステロールのはいったいどのような関係でしょうか。
先ずDHAは悪玉コレステロールを下げて血液をサラサラにするものです。
コレステロールは細胞膜を構成する物質です。
このコレステロールとリポたんぱく質が結び付いた複合体の形で、血管の中に流れます。
複合体には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。
善玉コレステロールは要らなくなったコレステロールを回収して肝臓に運びます。
肝臓はコレステロールを処理する所です。
一方、悪玉コレステロールは反対です。
肝臓で合成されたコレステロールを全身に運びます。
そのために余分なコレステロールが血管の中に流れてしまいます。
そのことは動脈硬化などの原因になります。
脳梗塞や心筋梗塞など大変な疾患の原因にもなるのです。

よく目にするオメガ3脂肪酸とコレステロールの関係

雑誌などでよく特集が組まれているオメガ3系脂肪酸で、コレステロール値を下げることができます。
どういうことか説明します。
先ず植物性脂肪という固まらずに体の中で液体の状態を保つものがあります。
不飽和脂肪酸をたくさん含んだものです。
血液をサラサラにするものが不飽和脂肪酸なんですが、これには一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2種類があります。
一価不飽和脂肪酸の1つのオレイン酸は、オリーブオイルなどの中にたくさん含まれているものです。
善玉コレステロールを増やしたり、悪玉コレステロールを減らしたりする作用が、オレイン酸にはあります。
そして、多価不飽和脂肪酸については、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸に分かれています。

 

このオメガ3脂肪酸とコレステロールの関係はどんなものでしょう。
非常に注目されているオメガ3系脂肪酸は、イワシやサバなどにたくさん含まれているものです。
必須脂肪酸のDHAやEPAはこのオメガ3系脂肪酸の代表です。
αリノレン酸というクルミ、ゴマ油、シソ油、菜種油などに含まれるものも、オメガ3系脂肪酸です。
その効果に関しては、オレイン酸と同じように、悪玉コレステロール値を下げてくれるのです。